強迫性障害

  • HOME
  • 強迫性障害

こんな症状はありませんか

ばかばかしい、不合理だと思っているのに、何かを繰り返してしまい、やめられない時は強迫性障害の可能性があります。

手を洗わずにはいられない
電車の手すりやつり革を触れない
トイレの後で着替えないと気が済まない
外出時に鍵を閉めたかどうか気になり、戻ってしまう
ガスや電気の消し忘れがないか気になって繰り返し確認してしまう
何度確かめても確信が持てない

強迫性障害について

強迫性障害は、ある考えや行為にとりつかれてしまい、どうしてもそれを排除することが出来ず、日常生活に支障をきたす病気です。「強迫観念」と「強迫行為」があり、強迫観念はばかばかしいと思っているのにくり返し浮かんでくる考えで、強迫行為はばかばかしいと思っているのに何度も繰り返してしまう行為です。

原因と治療法

発症には、性格、生育歴、ストレスなど、多様な要因が関係していると考えられていますが、強迫性障害になるはっきりとした原因はわかっていません。

強迫性障害は、薬物療法と行動療法の2つの療法を中心に治療していきます。

薬物療法

ほとんどの場合、強迫症状や強い不安感があるので、まず抗うつ薬で状態を安定させ、その後、行動療法を併用するのが一般的になっています。お薬はうつ病よりも高用量かつ長期間の服薬が必要な場合がありますが、最初は少量から始め相性を見ながら服薬量を増やしていきます。

行動療法

行動療法では、「曝露反応妨害法」が代表的な治療法となっており、これは再発予防効果が高いのが特徴です。当院では臨床心理士とのカウンセリングの中で行なっていきます。曝露反応妨害法は、患者さんご自身が強迫観念による不安に立ち向かう療法で、やらずにはいられなかった強迫行為をしないで我慢する行動療法です。例えば、汚いと思うものに触れて手を洗わないで我慢する、留守宅が心配でも鍵をかけて外出して施錠確認に戻らないで我慢するといったものです。こうした課題を行っていくことで、強い不安は次第に弱くなっていき、やがて強迫行為をしなくても平気になってきます。

院長からのメッセージ

なぜ症状が続き、なにが影響して症状が悪化するのかといったことに関しては解明が進んでいる部分があります。そのため、強迫性障害は積極的に治療に取り組めば治すことが可能な精神疾患です。

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みを相談することで、気持ちが楽になることもあります。
受診を迷われている方も、お気軽にご相談ください。
遠隔診療(スマホ通院)やカウンセリングなども可能なクリニックです。

  • 診療時間 10:00~13:00/15:00~18:00 休診 金・日・祝 火・木午後は20:00まで 土は10:00~16:00 048-458-3424
    bottom_spimg01.png
  • 24時間 ご予約を受け付けております WEB診療予約はこちら24時間 ご予約を受け付けております WEB診療予約はこちら