うつ病

うつ病の症状

こんな症状が2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性があります。

眠れない…寝付けない・すぐ目が覚めてしまう・熟睡できない・一日中眠い

食欲が無い…食事を抜いてしまうことがよくある・食事を楽しめない・食事量が減った・食べられないものが増えてきた

気分が重い…一日中気分が落ち込んでいる・何をしても楽しめない・イライラする・せき立てられているようで落ち着かない・思考力が落ちてきた

自分には価値がないように思う…悪いことをしたと自分を責めてしまう・死にたくなる

うつ病について

脳がうまくはたらかずにものの見方が否定的になり、自分を責めてしまい、普段なら乗り越えられるストレスがより辛く感じられて、悪循環を起こします。
ご自身ではなかなか自覚できないため、周囲の人が先に気づいて誤解し「遅刻が多い」「怠けている」などと非難されるケースも少なくありません。
自覚されるケースでは、「体が疲れてどうにも動けない」「疲れやすい」「能率が著しく下がった」「体がついてこない」などに気付かれる場合がよくあり、体の病気だと感じて内科を受診する方もいます。
うつ病は誰もがなる可能性のある病気ですし、治療を早く始めるほど、回復も早いと言われています。こうした状態に気付いたら、ぜひ早めにご相談ください。
なお、他院で長くうつ病の治療を受けていた方が当院を受診されて双極性障害(躁うつ病)であることがわかったケースが珍しくありません。うつ病と双極性障害では治療法が全く異なりますので、なかなか改善しない方は一度、ご相談ください。

原因と治療法

うつ病は、脳内の神経伝達物質のはたらきが悪くなるのに加え、ストレスや体の病気、環境変化など、さまざまな要因が絡み合って発病すると考えられており、原因は患者様によって千差万別です。

治療では、休養と環境調整・薬物療法・精神療法が中心となります。
中でも、まずは休養が大切です。うつ病の患者さんは罪責感を感じてしまって、うまく休めない方が多いのですが、まずは休養を十分にとって、疲れた心と体をしっかり休めます。そのために、職場や学校、家族の理解と協力を得ることも必要です。
当院では患者さんのお話をお伺いしながら、最適な治療を行っていきます。

うつ病の薬物療法

うつ症状の原因となっている脳内神経伝達物質のバランスの乱れを整えるために、抗うつ薬による薬物療法を行います。抗うつ薬にはSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)、三環系抗うつ薬などがあり、ほかに症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤などが使われることもあります。
患者さんによって適したお薬は違ってきますし、同じ方でも病気の段階によりお薬が変わってくることもあります。

うつ病の精神療法

まずは、患者さんの回復状況に応じた生活に関するアドバイス(支持的精神療法および生活指導)を行います。患者さんの考え方に偏りがある場合には認知行動療法を行うこともあります。これは患者さんのものの考え方や受け取り方である「認知」の歪み、およびそれに基づく行動を修正することで、患者さんに生じてくるさまざまな問題を上手に解決出来るように支援する治療法です。

院長からのメッセージ

うつ病は適切な治療さえ受ければ、必ず良い方向に向かっていく病気です。
ストレスがうまく解消されないで、心と体のバランスが崩れ、心身に不調をきたすことは誰にも起こり得ることですから、お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みを相談することで、気持ちが楽になることもあります。
受診を迷われている方も、お気軽にご相談ください。
遠隔診療(スマホ通院)やカウンセリングなども可能なクリニックです。

  • 診療時間 10:00~13:00/15:00~18:00 休診 金・日・祝 火・木午後は20:00まで 土は10:00~16:00 048-458-3424
    bottom_spimg01.png
  • 24時間 ご予約を受け付けております WEB診療予約はこちら24時間 ご予約を受け付けております WEB診療予約はこちら